体調の記事一覧 | 有限会社ケーアイ 「身体を温める温熱療法を通して健康の改善策を研究する会社」

「身体を温める温熱療法を通して健康の改善策を研究する会社」

    当サイトでは、身体を 「温める」 ということが、なぜ良いのか? 健康管理にとって 「温める」 ことが、なぜ重要なのか? これら身体を 「温める」 という温熱療法の素晴しさなどを真剣にご紹介して参ります。

温熱療法が身体に優しいとされる仕組みの解説図

    三井式温熱治療器のお問い合わせは、0982-34-0660
    上図は、前山 和宏先生が三井式温熱療法の仕組みを分かりやすく解説されたものです。

私のお勧めする! 手軽に、ご自宅で、温熱の気持ちよさを実感できる医療機器

    三井式温熱治療器MI-02
    三井式温熱治療器MI-02

    三井式温熱治療器は、身体の芯・心からあたたまり様々な用途で支持される
    温熱療法の長所を詰め込んだおすすめの家庭用医療機器です。

    いつでも、手軽に、ご自宅で、最高の温熱効果を実感できます。

    三井式温熱治療器Ⅱの購入手続きへ

    【特典】 温熱器をご購入されたお客様は、より効果のある使い方サポートを行っています。

三井式温熱治療器の専門店ケーアイショップ 温熱のお問い合わせは、0982-34-0660


「免疫力」について

桜の満開も全国で聞こえてきますが・・・・

寒いですね~

やはり、この桜の頃にはグッと「花冷え」がきますね

最も体調を崩しやすいこの時期・・・・

しっかり睡眠をとって体調を整えましょう~

先日、日本を代表する世界的免疫学者で

新潟大学大学院 教授  医学博士 安保徹先生の

講演会に行ってきました。

「体温免疫力」等について数多くの本を出されている

安保先生の著作はとても解りやすいので、私の健康マニアの

勉強本として大活躍です。

生(なま)の安保徹先生の声が聞けるとあって

とても楽しみでした。

免疫革命「21世紀の医学 目からウロコの健康術」と題して

日本の医療や環境問題について警鐘をならしてこられた

「気医学」の大田篤先生とのジョイント講演会でした。

医者があまり知られたくない“本当のこと”を

具体的な情報をあげて、日本の医学の矛盾や治療の矛盾など・・・・・

たくさん聞くことができました。

安保先生の東北なまりでユーモアあふれる語り口は、

人柄が伝わってきて、会場から何度も笑いがおこりました。

身体の無理、心の無理(悩み)が続くと自律神経の交感神経が乱れて

病気になるということ、

自律神経と免疫の関係、からだを温めること、、

夜更かしせず無理しすぎないこと、ストレスを溜めない事、

薬は病気の症状を抑えるものであり、原因を治すものではないということ、

病気の根本的原因を知り、「思い」を「生き方」を

変えることの大切さがよくわかりました。

病気の原因も様々あるように、治療法も様々・・・・

何が「正しい」とか「間違ってる」ではなくて、

色々な選択肢があるのだな~と思いました。

自分が「これだ!」と思えばそれが一番なのかな・・・と

「病は気から」という言葉が昔からありますが、

まさにそうなんだ・・・・と思いました。

なんでも、プラス思考が良いといいますよね。

自分の心のためにも、体のためにも、周りの人のためにも

物事をいい方に、いい方に考える・・・プラス思考・・・

常に、そうありたい・・・と思ってはいますが、

人間、頭で理解できていても・・・できないことって

ありますよね。マイナス思考になってはいけないと思いながら・・・

イライラしたり、不安で押しつぶされそうになったり、心配したり、

そんな時私は、免疫力も落ちているかもしれない・・・と思い。

とりあえず温熱器で身体を温め、ぐっすり眠るように心がけます。

今回の講演を聴いて、免疫力と身体を温める事の重要性が再確認でき、

つくづく温熱器はいいな~と素直に実感しましたよ。

病気の症状は氷山の一角です、根本的原因を知ることが

大事だと思いませんか?

詳しくはコチラ↓↓↓

http://hellobabies.info/medical_report.html

———————————————–

最後ですが、

【有限会社ケーアイ】温熱治療のケーアイショップでは、
家庭用温熱治療器をどのような症状にお使いになりたいか、使い方についても
弊社でご購入の方に対してアフターフォローとして具体的なアドバイスもできます。

通常、メールにてご相談(無料)に応じさせて頂いておりますが、電話でも結構ですので、
お気兼ねなくお問い合わせ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◆◇◆ TEL 0982-34-0660 (9:00~21:00で受付)  
◆◇◆ E-mail: info@keiai-shop.com(24時間受付)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タグ

春の体調と自律神経

こんにちは

暖かくなってきたな~と思っていたら・・・・

またまた、冷たい雨・風で真冬の荒れた天候です。

この時期特有の「三寒四温」の気候ですね。

花粉症の季節でもありますが、春の体調にも十分気をつけましょう。

英語では春の事を(spring)スプリングといいます。

スプリングは「飛び跳ねる」という状態も示しているように

冬眠中の動物達が飛び出して動き出す、草花が芽を出す・・・・

と、何かと「張り出す」季節なのです。

私達人間も、同じ地球上に住む自然界の一つです。

春は冬の間にためたものを外に出す季節。

なので・・・・・発疹が出たり、肌荒れしたり、くしゃみ・鼻水の

アレルギーがひどくなったり、なんとなく体がだるかったりと

体調が崩れてくる人が少なくありません。

この状態は私達の体の中の「自律神経」がかかわってきます。

自律神経は自分の意思とは関係なく、心臓や肺、内臓や汗線などの

働きを司っています。

自律神経のバランスを崩すと、だるかったり、血圧が安定しなかったり、

肩こり、便秘 頭痛など様々な体調不良が起こってきます。

自律神経とは「交感神経」緊張の神経と「副交感神経」リラックスの神経が

季節や環境、心の変化に応じて日々

バランスをとりながら体調をコントロールする働きをする神経のことです。

冬は寒いので、どちらかというと交感神経が働き、体は緊張状態に、

一方、夏になると体はダラッとした、ゆるんだ状態に

副交感神経の働きが優位になるそうです。

春は、冬から夏・・・・つまり、体の中で交感神経優位から副交感神経優位へ

移る状態の季節といえそうです。

春でも寒い日は交感神経がよく働き、暖かい日は副交感神経が働き・・・

という具合に1週間の中でもある日は交感神経優位の日、

ある日は副交感神経優位の日とバランスが取りにくい時期なのだそうです。

春は季節の変わり目と共に、体調の変わり目でもある・・・

という事を頭に入れておきましょう。

気分が落ち込んで、精神的に落ち着かなかったり、体調が優れなくても

「春のひとつの現象」と受け止めてはいかがでしょう・・・。

漢方では生姜とシソの葉が昔から「気を開く」といわれているそうです。

生姜紅茶や、シソの葉を入れたお味噌汁など

生姜やシソの葉を使った春の食卓をお勧めします。

体が冷えていると、血管が収縮し血行がわるくなり不調に拍車がかかって

しまいます。春の体調不良にも

温熱器で自分の体と心を温めて・・・・・体調管理していきましょう。

私達、生命の根源は「遺伝子」です!

「健康」も「病気」も

「遺伝子」が鍵を握っているのではないでしょうか?

この病気は家系(遺伝子)だから・・・とあきらめていませんか?

詳しくはコチラ↓↓↓

http://hellobabies.info/medical_report.html

———————————————–

最後ですが、

【有限会社ケーアイ】温熱治療のケーアイショップでは、家庭用温熱治療器をどのような症状に

お使いになりたいか、使い方についても弊社でご購入の方に対してアフターフォローとして

具体的なアドバイスもできます。

通常、メールにてご相談(無料)に応じさせて頂いておりますが、電話でも結構ですので、

お気兼ねなくお問い合わせ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◆◇◆ TEL 0982-34-0660 (9:00~21:00で受付)  
◆◇◆ E-mail: info@keiai-shop.com(24時間受付)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タグ


メルマガ 『健康であるための豆知識』

ココでは、温熱による作用や効果などの情報をお送りします。

メルマガ 健康であるための豆知識

メルマガ登録・解除 登録  解除
メールアドレス(必須)
お名前(氏名)(必須)
三井式温熱療法をご存知か? はい  いいえ 
気になっている症状は?


●送信ボタンを押すと、メルマガの案内メールが届きますのでご確認下さい。


「病気」も、「マイナス思考」も、遺伝子が関係しているのですか?

貴方の遺伝子は悲鳴をあげていませんか?!

それがどうして私の遺伝子に関係するの?

きっと今、貴方はそう思っていますね。
でも、気がつかないうちに、あなたは遺伝子を傷つけているのです。

親からもらった大事な身体を形作る全ての細胞には、
細胞核があり、その中には遺伝子があります。

 引用元:核酸で遺伝子を修復して健康的に若返る