原因の記事一覧 | 有限会社ケーアイ 「身体を温める温熱療法を通して健康の改善策を研究する会社」

「身体を温める温熱療法を通して健康の改善策を研究する会社」

    当サイトでは、身体を 「温める」 ということが、なぜ良いのか? 健康管理にとって 「温める」 ことが、なぜ重要なのか? これら身体を 「温める」 という温熱療法の素晴しさなどを真剣にご紹介して参ります。

温熱療法が身体に優しいとされる仕組みの解説図

    三井式温熱治療器のお問い合わせは、0982-34-0660
    上図は、前山 和宏先生が三井式温熱療法の仕組みを分かりやすく解説されたものです。

私のお勧めする! 手軽に、ご自宅で、温熱の気持ちよさを実感できる医療機器

    三井式温熱治療器MI-02
    三井式温熱治療器MI-02

    三井式温熱治療器は、身体の芯・心からあたたまり様々な用途で支持される
    温熱療法の長所を詰め込んだおすすめの家庭用医療機器です。

    いつでも、手軽に、ご自宅で、最高の温熱効果を実感できます。

    三井式温熱治療器Ⅱの購入手続きへ

    【特典】 温熱器をご購入されたお客様は、より効果のある使い方サポートを行っています。

三井式温熱治療器の専門店ケーアイショップ 温熱のお問い合わせは、0982-34-0660


怖い体の冷えについて

「冷え」

冬は寒くて当たり前・・・なので「冷え」にも気を使いますが・・・

この春の季節の変わり目・・暖かい日差しに

つい・・油断してしまい薄着で出かけたりします。

この時期にこそ・・・「冷え」にきをつけましょう

「冷えは万病の元」というように、冷えはあらゆる病気の原因になると

言われています。

何故、冷えは色々な病気の原因なのでしょうか?

それは、冷えは自律神経失調症の一つの症状だからです。

自律神経は、血管の太さをコントロールしています。

ストレスなどで交感神経が働くと、血管が細くなり、血行不良・・・

つまり、冷えが起こります。

またその逆に、冷えが強いと、体は知らず知らずに大きなストレスを

感じてしまいます。

冷えが起きて体温が下がりすぎると免疫力も低下し病気になりやすい体

になるのです。

冷えは「体が熱を産めない状態」になっています。

なので、寒い冬なら暖かい服装で、カイロを使ったり、食べ物も熱い

お鍋やおでん等食べ、身体を温めようとしますよね。

しかし・・・今、この春爛漫の時期に・・・寒さ対策は考えません。

そこで、油断してしまいます。

昼間は暖かくても朝晩はまだまだ、冷えます。

日陰の風も冷たいですよね。

春の体調管理は、

あえて「冷え」に気をつけることが大事ではないでしょうか?

———————————————–

最後ですが、

【有限会社ケーアイ】温熱治療のケーアイショップでは、
弊社の温熱器をどのような症状にお使いになりたいのかによって、具体的なアドバイスもできます。
 

通常、メールにてご相談(無料)に応じさせて頂いておりますが電話でも結構ですので、
ご安心してお問い合わせ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◆◇◆ TEL 0982-34-0660 (9:00~21:00で受付)  
◆◇◆ E-mail: info@keiai-shop.com(24時間受付)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タグ

自律神経の不調が原因である冷え性

この時期、風邪・インフルエンザの悩みと共に

よく聞かれるのが、「冷え性」の悩みですね。

冷え性とは、一般的には、

「手足や腰などがいつも冷たく感じる症状。また、その体質」となります。

体が冷たいので朝起きるのが辛かったり、

顔色が悪く、目の下にクマができやすくなります。

肩こり、頭痛、便秘や下痢、寝つきが悪い、疲れやすい・・・など

様々な症状がでます。

不規則な生活、ストレス、その他ホルモンバランスの崩れ

など自律神経の不調が原因で冷え性になってしまうタイプが

一番多いようです。

寒い冬に冷え性の体は・・・体温低下と共に免疫力低下・・・

ということになってしまいます。

日頃から冷えない体、冷え性対策を心がけましょう。

毎日の食生活はどうですか?

最近では「ジンジャラー」と呼ばれる女性が存在するくらい

しょうがは体を温めてくれます。

ちなみに「ジンジャラー」とはあらゆる食事にしょうがを入れる

人のことだそうです。家庭で作る料理はもちろんのこと

外食でもしょうがのすりおろしのチューブを持ち歩いて使って

いるのだとか・・・・。

それくらい、冷え性対策をしている人もいるんですね~。

しょうがのチューブは持ち歩かなくてもいいのですが・・・(笑)

他にも体を温めてくれる食べ物はたくさんあります。

例えば・・・・

鶏肉・豚肉・牛肉・鶏卵・魚・チーズ・納豆・塩・味噌・梅干・

ごま・のりなど陽性食品とよばれている食品です。

普段からこれらの陽性食品を意識して食べる事をおすすめします

寝る前の軽いストレッチなどもするといいですね。

やはり運動するのが大切だと思います。

筋肉が少ない人は血行が悪いということ。

血行が悪いということは、体が冷えるということです。

運動をして筋肉を鍛えれば血行が良くなり、冷え性も解消されますよ。

あとは、やっぱり温熱器です。

温熱器でお腹を温めてください。

お腹には大切な内臓がたくさん詰まっていますね。

内臓が冷えると、それを温めようと血液が内臓周辺に集まってきます。

本来なら手足に回るはずの血液が内臓にまわってしまい、

末端が冷えるのです。

まずお腹の冷えを解消しましょう。

これから冬本番ですが、体調を崩さないように寒さ対策を

しっかりしていきましょうね。

私達、生命の根源は「遺伝子」です!

「健康」も「病気」も

「遺伝子」が鍵を握っているのではないでしょうか?

この病気は家系(遺伝子)だから・・・とあきらめていませんか?

詳しくはコチラ↓↓↓

http://hellobabies.info/medical_report.html

———————————————–

最後ですが、

【有限会社ケーアイ】温熱治療のケーアイショップでは、弊社の家庭用温熱治療器を
どのような症状にお使いになりたいかによっての具体的なアドバイスもできます。

通常、メールにてご相談(無料)に応じさせて頂いておりますが、
電話でも結構ですので、お気兼ねなくお問い合わせ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◆◇◆ TEL 0982-34-0660 (9:00~21:00で受付)  
◆◇◆ E-mail: info@keiai-shop.com(24時間受付)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タグ


メルマガ 『健康であるための豆知識』

ココでは、温熱による作用や効果などの情報をお送りします。

メルマガ 健康であるための豆知識

メルマガ登録・解除 登録  解除
メールアドレス(必須)
お名前(氏名)(必須)
三井式温熱療法をご存知か? はい  いいえ 
気になっている症状は?


●送信ボタンを押すと、メルマガの案内メールが届きますのでご確認下さい。


「病気」も、「マイナス思考」も、遺伝子が関係しているのですか?

貴方の遺伝子は悲鳴をあげていませんか?!

それがどうして私の遺伝子に関係するの?

きっと今、貴方はそう思っていますね。
でも、気がつかないうちに、あなたは遺伝子を傷つけているのです。

親からもらった大事な身体を形作る全ての細胞には、
細胞核があり、その中には遺伝子があります。

 引用元:核酸で遺伝子を修復して健康的に若返る