肩こりの記事一覧 | 有限会社ケーアイ 「身体を温める温熱療法を通して健康の改善策を研究する会社」

「身体を温める温熱療法を通して健康の改善策を研究する会社」

    当サイトでは、身体を 「温める」 ということが、なぜ良いのか? 健康管理にとって 「温める」 ことが、なぜ重要なのか? これら身体を 「温める」 という温熱療法の素晴しさなどを真剣にご紹介して参ります。

温熱療法が身体に優しいとされる仕組みの解説図

    三井式温熱治療器のお問い合わせは、0982-34-0660
    上図は、前山 和宏先生が三井式温熱療法の仕組みを分かりやすく解説されたものです。

私のお勧めする! 手軽に、ご自宅で、温熱の気持ちよさを実感できる医療機器

    三井式温熱治療器MI-02
    三井式温熱治療器MI-02

    三井式温熱治療器は、身体の芯・心からあたたまり様々な用途で支持される
    温熱療法の長所を詰め込んだおすすめの家庭用医療機器です。

    いつでも、手軽に、ご自宅で、最高の温熱効果を実感できます。

    三井式温熱治療器Ⅱの購入手続きへ

    【特典】 温熱器をご購入されたお客様は、より効果のある使い方サポートを行っています。

三井式温熱治療器の専門店ケーアイショップ 温熱のお問い合わせは、0982-34-0660


「肩こり」が気になるという人

寒さのせいでしょうか・・・・

最近、会話の中で「肩こり」が気になるという人に会います。

寒いとどうしても肩に力が入ってしまいますよね。

着る服も何枚も重ね着したり、重いコートだったり

一年中の中で、寒い季節は肩こりの人が増えるのかも

しれません。

もちろん冬だけでなく、

普段から肩こりに悩まされている人は大勢います。。

肩こりとは肩の筋肉がハリやコリを起こし疲労している状態を言います。

慢性的な肩こりの多くは、運動不足などで筋肉が緊張し、

血管が圧迫されて血行不良となり、乳酸などの疲労物質が

筋肉中にたまることによって起こるようです。

筋肉や血管の収縮は、自律神経によってコントロールされていますが、

体が冷えてしまうと、筋肉や血管を収縮させて体温が

下がらないように働きます。

収縮すると、血行が悪くなり、疲労物質がたまってこりや痛みが発生

するのだそうです。

「冷え」と「肩こり」は表裏一体というわけです。

冷えや運動不足からくる血行不良で起こる肩こりは

どうしたらよいのでしょう??

・・・・・そうです!

もうおわかりですね!

体を温める!体を冷やさないようにする!

温かいものを食べる!日常的に運動をする!

血行をよくすることですよね!

しかし、肩こりは筋肉量の少なさだけが原因となる分けでは無く、

精神的ストレス・過労・睡眠不足・姿勢が悪い事も要因となっています。

右側だけ、左側だけの肩こりの場合には、

姿勢の悪さや骨盤の歪みなどが影響している事もあるようです。

マッサージや温熱、運動を行って筋肉の緊張をほぐしても

また同じ箇所がこる・痛い時には、

ゆがみや生活習慣から起こっているのかもしれません。

足を組む、横座り、片側に鞄をかけるなど一定の方向だけに

力をかけているとゆがみが生じてきます。

からだのゆがみは血流を悪くし、ある部分にだけ筋肉を

緊張させている事になります。

本人はその姿勢が楽でもからだには大きな負担をかけていることに

なるので、普段の生活の「姿勢」を意識してみるだけでも肩こりの

改善に近づくかもしれませんね。

また、片側だけの肩こりには内臓からくるものもあるようですよ。

右側では肝機能障害、

左では膵臓の働きが極端に行われていると起きます。

肝臓が弱ると解毒作用が落ちるので、皮膚疾患にかかりやすくなったり、

イライラする、夜眠れないなどの症状が起こるそうです。

また、膵臓の働きが極端に行われているのは、食べすぎにより

起こるそうです。

温熱器をお持ちの方は、片側だけの肩こりの場合

肩だけでなく肝臓・すい臓を意識して温めてみると

いいかもしれませんね。

———————————————–

最後ですが、

【有限会社ケーアイ】温熱治療のケーアイショップでは、弊社の家庭用温熱治療器を
どのような症状にお使いになりたいかによっての具体的なアドバイスもできます。

通常、メールにてご相談(無料)に応じさせて頂いておりますが、
電話でも結構ですので、お気兼ねなくお問い合わせ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◆◇◆ TEL 0982-34-0660 (9:00~21:00で受付)  
◆◇◆ E-mail: info@keiai-shop.com(24時間受付)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タグ

肩こり治療での温熱療法

今日は「肩こり」についてです。

肩こりは腰痛とならんで、多くの日本人が

悩まされている症状です。

「外国人は肩が凝らない」という俗説を

ご存知でしょうか?

それは・・・・

外国語には「肩こり」という単語が存在しない

かららしいです。

実際には外国人にも肩こりがありますが、

それを指す言葉が無いために症状の自覚が無い場合も

多いとされるのだそうです。

そうした外国人は日本で

「肩こり」という言葉を知ってしまうと、

とたんに肩こりを自覚するケースがあり、

好んでマッサージを受ける人も少なくないとか・・・。

「肩が凝る」という言葉は、

夏目漱石による造語らしいですよ。

比較的新しい「言葉」なんですね・・・それ以前は、

いわゆる肩こりについては特別にその症状を

指す用語は存在しなかったようです。

「肩こり」という言葉が生まれた事によって、

多くの日本人が肩の筋肉が固くなる症状について

自覚するようになったと言われているそうです。

肩こりとは肩や首の筋肉がハリやコリを起こし

疲労している状態を言います。

精神的ストレス・過労・睡眠不足・姿勢が悪い事も

要因となっています。

肩こり自体が大きな病気になる要因ではありませんが、

肩から背中にかけてのなんとも言えない不快感は

肩こりを持っている人にとって大きな苦痛となります。

「突っ張る」「重苦しい」「とにかく痛い」

酷い人になると「頭痛」や「吐き気」まで・・・

という症状になります。

肩こりは筋肉が緊張して血行が悪くなっているのですから、

患部を温めるとコリが和らぎます。

手軽に出来る方法としては、毎日の入浴で肩こりを

解消すると良いでしょう。

温熱器を持っている方は、もちろん

気軽に手軽に・・・苦痛を感じたその時にでも

首・肩・背中・・・と温熱器をあててください。

アチチ反応とともにコリがほぐれていくのを

感じることができるでしょう~!

———————————————–

最後ですが、

【有限会社ケーアイ】温熱治療のケーアイショップでは、
弊社の温熱器をどのような症状にお使いになりたいのかによって、具体的なアドバイスもできます。
 

通常、メールにてご相談(無料)に応じさせて頂いておりますが電話でも結構ですので、
ご安心してお問い合わせ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◆◇◆ TEL 0982-34-0660 (9:00~21:00で受付)  
◆◇◆ E-mail: info@keiai-shop.com(24時間受付)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タグ


メルマガ 『健康であるための豆知識』

ココでは、温熱による作用や効果などの情報をお送りします。

メルマガ 健康であるための豆知識

メルマガ登録・解除 登録  解除
メールアドレス(必須)
お名前(氏名)(必須)
三井式温熱療法をご存知か? はい  いいえ 
気になっている症状は?


●送信ボタンを押すと、メルマガの案内メールが届きますのでご確認下さい。


「病気」も、「マイナス思考」も、遺伝子が関係しているのですか?

貴方の遺伝子は悲鳴をあげていませんか?!

それがどうして私の遺伝子に関係するの?

きっと今、貴方はそう思っていますね。
でも、気がつかないうちに、あなたは遺伝子を傷つけているのです。

親からもらった大事な身体を形作る全ての細胞には、
細胞核があり、その中には遺伝子があります。

 引用元:核酸で遺伝子を修復して健康的に若返る