腰痛の記事一覧 | 有限会社ケーアイ 「身体を温める温熱療法を通して健康の改善策を研究する会社」

「身体を温める温熱療法を通して健康の改善策を研究する会社」

    当サイトでは、身体を 「温める」 ということが、なぜ良いのか? 健康管理にとって 「温める」 ことが、なぜ重要なのか? これら身体を 「温める」 という温熱療法の素晴しさなどを真剣にご紹介して参ります。

温熱療法が身体に優しいとされる仕組みの解説図

    三井式温熱治療器のお問い合わせは、0982-34-0660
    上図は、前山 和宏先生が三井式温熱療法の仕組みを分かりやすく解説されたものです。

私のお勧めする! 手軽に、ご自宅で、温熱の気持ちよさを実感できる医療機器

    三井式温熱治療器MI-02
    三井式温熱治療器MI-02

    三井式温熱治療器は、身体の芯・心からあたたまり様々な用途で支持される
    温熱療法の長所を詰め込んだおすすめの家庭用医療機器です。

    いつでも、手軽に、ご自宅で、最高の温熱効果を実感できます。

    三井式温熱治療器Ⅱの購入手続きへ

    【特典】 温熱器をご購入されたお客様は、より効果のある使い方サポートを行っています。

三井式温熱治療器の専門店ケーアイショップ 温熱のお問い合わせは、0982-34-0660


つらい腰痛への温熱

今回は、つらい「腰痛」への温熱についてです。

腰痛に悩む人は日本では3000万人とも

言われています。非常に多いですね。

実際、私自身も腰痛に悩まされたことがありますし・・・

私の周りの家族や、友達でも・・・(子供以外)

「腰が痛い」という言葉を聴いたことがない人はいません。

身体の中心部・身体を支えている大事な腰ですから

日々の生活の中で腰への負担は相当なものです

痛みが慢性的に持続したり、突発的だったり、

人それぞれですが・・・。

腰痛の原因は

●動いたり、ある一定の動作で痛み、安静にするとおさまる・・

 脊椎や筋肉の異常で起こる腰痛

●じっとしていてもとにかく痛い、血尿や腹痛がある・・・

 内臓疾患から起こる腰痛

●脊椎や内臓に異常がないのになかなかよくならない・・・

 精神的なもの・ストレスが原因で起こる腰痛

色々です。

腰痛を訴える人は、年齢を重ねるほど増える現象だと思いますか?

ちょっと、気になるデータがありましたので紹介します。

『 整形外科MOOK 』 1979年 に報告されています。

(山口義臣氏・山本三希雄氏)調査

古い情報ですが、その意味付けは、なんら色あせていないと思います。

10歳代~70歳代以上の年代にわたる男女について、
  
腰痛患者の年齢・腰痛が初めて起きた時の年齢を調査した結果、

20歳代~40歳代が多く、後50歳代以降は

右肩下がりに減っているそうです。

そして・・・

「国民衛生の動向・厚生の指標」(厚生統計協会)の

1986年から2005年にかけてのデータでは

腰痛を訴える人の数(有訴者数)は、年々増えているそうです。

これだけ医学や医療が発達してきているのに、腰痛は、

減るどころか増えています。

現代社会の人々が抱えるストレスが大きく関係しているのかな?

と、思わずにはいられませんね。

脊椎や筋肉の異常や内臓疾患が原因の方は、

病院の医師の指示に従って治療していく事が先決だと思います。

温熱療法では、その原因部位を探り注熱します。

痛みや疲労の伝わり方・流れは、大人も子供も同じです。

腰痛・肩こり・首こり、片頭痛・膝痛・脚等の痛みは経絡に沿っており、

関連痛ともいいます。

仮に膝に不調があれば腰痛・背中痛・肩こり・片頭痛へと波及(関連)

します。

腰の曲げ伸ばしを支配する筋肉

「背筋から両肩僧帽筋」と、「腰周りから大腿部の筋肉」は

それぞれ密接に繋がっています。

腰の曲げ伸ばしの際、長い生ゴムが伸縮する状態になります。

従って 腰と肩 腰と脚の筋肉は共同作業の関係にある筋肉です。

その結果 

腰痛・肩こり・首こり、片頭痛・膝痛・脚こりのいずれかが

引きがねになり関連痛となります。

腰の不調は、腰だけでなく前述の繋がりのある肩や・首コリ・脚にも

目を向けてください。

三井温熱器では血流を改善する目的で、肩や首筋に温熱治療器を

当ててみます。

その際、筋肉委縮によって血流が悪い部位は冷え、熱に対して過敏反応

(アチチと感じる)します。

次に経絡に沿って、アチチ反応部位を探りながら移動、

これを数回繰り返します。

アチチ反応は繰り返すうちに徐々に小さくなります。

全身一回の温熱は30~40分が目安です。

お風呂で若干熱めの温水シャワーを首から背中・腰・足まで順番に当て、

探ることもできます。冷え部位(筋肉の委縮部位)は、

強く熱を感じるはずです。 

試してください。

肩や腰はあまり揉んではいけません。

揉むと筋肉内の内出血(毛細血管)がおこり慢性化します。

温めて血行をよくしましょう

———————————————–

最後ですが、

【有限会社ケーアイ】温熱治療のケーアイショップでは、
弊社の温熱器をどのような症状にお使いになりたいのかによって、具体的なアドバイスもできます。
 

通常、メールにてご相談(無料)に応じさせて頂いておりますが電話でも結構ですので、
ご安心してお問い合わせ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◆◇◆ TEL 0982-34-0660 (9:00~21:00で受付)  
◆◇◆ E-mail: info@keiai-shop.com(24時間受付)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タグ

この時期の腰痛について

今回は、「腰痛」です。

前回にも「腰痛」についてお話しましたが・・・

腰痛は国民病といわれるほど悩まされる人が多い症状・・・・

そして、奥が深いのです。

梅雨の体調不良で頭痛や倦怠感、耳鳴りなどが起こりやすい・・・

とお話していましたが・・・・・

実は「腰痛」も・・・

一年の中でもっとも訴える人が多い時期なのです。

梅雨時の「高湿度の環境」「気圧の変化」が関係していると思われます。

湿度が高いと体の皮膚表面で汗の乾燥がうまく行われないことが

あります。

汗の乾燥が適切に行われないと、汗腺は開いた状態が続くため、

体温調節のバランスが崩れ、結果として自律神経の混乱を招いて

しまいます。

天気が悪くなる時に気圧の低下、気温の変化することでも自律神経が

混乱します。

自律神経は、体温調節の他にも血管に指示を出して血流量を

調節していることから、

体の血管を収縮させて血流を悪くさせる「交感神経」が興奮して

腰痛の痛みを起こしやすい部分(筋肉など)に酸素が

届けられなくなるため、状態が悪化して痛みが強くなると考えられます。

日頃から肩や腰に負荷をかけていたり、ケガなどで既に肩や腰での

骨・関節・末梢神経にトラブルがある方は、梅雨時の湿気がキッカケと

なって肩こりや腰痛を起こしやすいため、注意が必要です。

腰痛の経験がある人、現在腰痛のある人は、体を支える筋肉が

硬くなることで重心がズレ、

左右どちらかの足に体重がかかりすぎています。

その結果、膝の動きが悪くなり、膝の痛みも出るかもしれません。

このような場合も、梅雨の時季に腰と膝の症状が出やすくなる傾向が

あります。

天気が不安定な時は、「腰の状態も不安定になりやすい」

ということを頭に入れておきましょう。

腰が重だるくなってきたら、軽く体操をしてみましょう。

血行が良くなります。

腰を直接温めることももちろんいいです。

温めることで、収縮した血管を広げ、血行を改善させます。

温めたタオルを当てるのも良いですが、温めたタオルは冷めやすいので、

温かいタオルに数回交換する手間がかかります。

手軽なのはやはり・・・・

温熱治療器でじっくりたっぷり温めて、血流を良くしましょう。

———————————————–

最後ですが、

【有限会社ケーアイ】温熱治療のケーアイショップでは、
弊社の温熱器をどのような症状にお使いになりたいのかによって、具体的なアドバイスもできます。
 

通常、メールにてご相談(無料)に応じさせて頂いておりますが電話でも結構ですので、
ご安心してお問い合わせ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◆◇◆ TEL 0982-34-0660 (9:00~21:00で受付)  
◆◇◆ E-mail: info@keiai-shop.com(24時間受付)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タグ


メルマガ 『健康であるための豆知識』

ココでは、温熱による作用や効果などの情報をお送りします。

メルマガ 健康であるための豆知識

メルマガ登録・解除 登録  解除
メールアドレス(必須)
お名前(氏名)(必須)
三井式温熱療法をご存知か? はい  いいえ 
気になっている症状は?


●送信ボタンを押すと、メルマガの案内メールが届きますのでご確認下さい。


「病気」も、「マイナス思考」も、遺伝子が関係しているのですか?

貴方の遺伝子は悲鳴をあげていませんか?!

それがどうして私の遺伝子に関係するの?

きっと今、貴方はそう思っていますね。
でも、気がつかないうちに、あなたは遺伝子を傷つけているのです。

親からもらった大事な身体を形作る全ての細胞には、
細胞核があり、その中には遺伝子があります。

 引用元:核酸で遺伝子を修復して健康的に若返る